読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンターxハンターの考察とか

ハンターxハンター中心に,その他漫画の話.映画なんかもやるかも

ハンターxハンター 359話の感想

ハンターxハンター 359話の感想&考察です.

35巻まで引っ張ると思ったのですが,BW号出航しちゃいました.

気になったことをまとめます.

渡航日程

f:id:hedorah123:20160628044958p:plain

新大陸(仮)までは,2ヶ月.

3週間で人類領海域を出ます.

未開海域を航海すること5週間で新大陸(仮)に着きます.

王子たちは,そこで上陸セレモニー,その後本格的な殺し合い.

暗黒大陸渡航組は,モラウの船に乗って,門番の待つ門を目指します.

新大陸(仮)と門の間,つまり,未開海域に中継基地を作り,

「人類世界」と中継基地間をノブ,中継基地と暗黒大陸間を新キャラ・トキャリーヌが担当します.

トキャリーヌは,おかっぱ&ぽっちゃり系女子でノブの類似能力者です.

BW(ブラックホエール)号

各キャラの配置が見えてきましたので,まとめます.

階層 住民 施設 主要キャラ
1層 カキン王族・V5の政財界の要人 ビヨンド拘束室・セレモニー会場 ビヨンド,サイユウ・カンザイ・サッチョウはビヨンド監視,クラピカ・他王子の護衛,許可庁のメガネの人
2層 各界の著名人・富裕層
3層 一般渡航 中央医療室,中央裁判所 レオリオ・チードルは中央医療室,ボトバイは中央裁判所,ピヨン・ゲル・クックル・ギンタ・ノートン・トキャリーヌは1等客室
4層 一般渡航 カキン王国軍 ミザイ
5層 一般渡航

十二支ん全員の所在地が明らかになりました.

驚くべきことに,1〜2層の十二支んは4名,しかも一人はクラピカです.

サイユウの裏切りを知っているのはクラピカとミザイだけ,ミザイが下層にいるのは,例の虚偽報告&治安悪化が原因でしょうか?

だとすると,パリストンの陰謀かもしれませんね.

護衛もしながらクラピカ一人で,サイユウを捉えるのは大変そう.

それとも,十二支んは,壁を超えられるんでしょうか?

カチョウの真意

カチョウは,フウゲツと同母姉妹です.

カチョウは,プロハンター(センリツ)を雇っていますが,フウゲツは違うんですよね.

例えば,同じく同母の姉弟,モモゼ・マラヤームは,それぞれ,ハンゾー,ピスケを雇ってます.

フウゲツがプロハンターを雇わないのは不自然だと思っていましたが,359話でその理由が見えてきました.

フウゲツ「カーちん あの・・・ あたしね 今回の継承戦・・・」

後半がぼかされているので,推測ですが,フウゲツは王位継承戦に消極的,もしかすると,カチョウに譲りたいのかもしれません.

カチョウの方は,表面上仲のいい姉妹を演じていて,実は,腹黒・・・と見せかけてそれも偽り!?というようです.

カチョウは,フウゲツに共闘して他の王子を狩る提案をしたり,晩餐会であったVIPの悪口を言ったりと,裏の顔を見せていますが,センリツそれも「自分を偽っている」と見抜きました.

カチョウも悪人を演じているのかもしれません.

となると,カチョウもフウゲツに王位を譲りたいのでしょうか?

フウゲツは,放っておいたら間違いなく他の王子に殺されるでしょう.

カチョウは,フウゲツのためなら,生き残って他の王子と戦うだろうと踏んで,あえてこういう提案をしたのかもしれません.

心音をセンリツが聞いているので,逆にフウゲツの方がドス黒い・・・っていうのもないでしょう.

普通に,美しい姉妹愛じゃないですかね,それだけに心配ですが・・・.

余談ですが,カチョウとタイソンは護衛はルックスで選ぶことを公言しています.

タイソンの護衛は,イケメン揃い,イズナビはイケメン!

カチョウの護衛は,これでもか!ってぐらいの個性的な顔ばかり.

それに選ばれたセンリツって・・・.

クラピカの動向

非念能力者のワブルの護衛が,5人殺されちゃいました.

犯人は念能力者です.

死体は,全身の血を抜かれています.

シズクは,類似能力が使えますが,死体も吸い込まない理由が不明で,可能性はかなり低いでしょう.

セレモニー中の犯行なので,守護霊獣の可能性も低いですね.

「守護」霊獣ですから,王子を守るのが第一,王子から大きく離れるとは考えにくいです.

他の王子が,護衛を削るために仕組んだ説が濃厚で,実行犯は,ワブルの護衛に紛れている可能性が高いですね.

そもそも王子たちは,念能力者の知識がどれぐらいあるんでしょうか?

ナスビーは,ある程度知識があるようです.

ベンジャミンの護衛は,15名のみ,うち10名は,358話に登場しているんですが,念能力者というより軍人といった雰囲気.

王子の殺し合いの旅ということを知っている人物はごく限られていることが明らかになりました.

今のところ,部外者ではクラピカのみ,クラピカがミザイ連絡している可能性があるぐらいでしょうか.

パリストンも知らない可能性が高く,ビヨンドも知らないのでは無いでしょうか.

王子の護衛でも,ベンジャミンの兵隊みたいに直属の兵隊は知っていますが,それ以外は知らない可能性もあるようです.

チードルの準協会員という策は,このことを知らずにやっていたようです.大悪手ですね.

協会とカキンとの関係は,内部事情はお互いノータッチという感じでしょうか.

次週の展開予想

次週は34巻最終話です.

クラピカの続きがあるとして,ビスケの登場も高確率であるんじゃないでしょうか.

護衛を殺した犯人は,全く予想できないです.

念能力なので,ワブルの護衛に居ない可能性も十分あるので・・・.