読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンターxハンターの考察とか

ハンターxハンター中心に,その他漫画の話.映画なんかもやるかも

ハンターxハンター358話の感想

358話は,ヒソカと旅団から場面転換して,説明回ってやつですね.

状況は,BW号出向1日前です.

BW(ブラックホエール)号

気になってたBW号の仕様が説明されました.

階層 住民
1層 カキン王族・V5の政財界の要人
2層 各界の著名人・富裕層
3層〜5層 一般渡航

1〜2層と3〜5層の間に,分厚い壁が設置されていることが説明されました.

この壁は,非常時に上層側からしか開閉できないようです.

念能力者がどれほど通過できるかは不明ですが,はっきりいってこの壁,非常事態が起きて,開けられるんでしょうね.

王位継承戦

王子同士接触が,毎週日曜日の晩餐会のみであると明かされました.

また,チードルが開催したハンター試験の合格者は,

と2種類に分かれており,王子の護衛は準協会員という身分のようです.

ハンター協会とカキンは,ある程度協力体制で,事前に連携要請をだし,護衛については審査も甘くしたようです.

準協会員は,人数は150名で,1層の王子の居住区外を徘徊できるようです.

あと,重要な記述がありました.

ベンジャミン(前夜祭には全員参加か…明日のセレモニーに一体何人が残るかだな…)

殺し合いは,乗船前から始まってるのですね.

本格的な祭は二ヶ月後上陸のセレモニーが終わった後だ

とありますので,

  • 新大陸(仮)までの航海は約2ヶ月
  • 王子同士の殺し合いは,(主に)新大陸(仮)で行われる

ということがわかります.

これらのことを総合的に判断すると,念能力者を使った例外的なものはあるものの,船内ので王子同士の殺し合いはほとんどないと言えます.

治安悪化

3〜5層は,治安が悪化しているようです.

「犯罪行為で誰かのチケットが無効になると既にチケットを持ってる者の乗船枠が増える」

「告発者のチケット枠が増える」

という2つのデマによって,犯罪の虚偽報告増えているようです.

このデマは,本当の犯罪を目立たなくさせる目的があり,誰かが意図的に流したものと考えられます.

犯人は,誰でしょうか? 今のところ,幻影旅団が有力ですが,せせこましいすぎる気がします.

また,一般枠の医者不足についても,触れられました.

レオリオ大活躍の予感です.

レオリオについては,重要キャラの治療する展開(ピトー撃破後のゴンみたいな)を予想してる人も多いですが,個人的にはそれよりも不特定多数の民を救って欲しいですね.

この展開は期待できます.

カキンは準備不足の感があります.

これは重要な情報で,手を組んでいるビヨンドは50年前から準備していたことと対称的です.

まとめ

358話で,BW号船内で起こりそうなことが見えてきました.

  • サイユウの捕獲
  • 一般層の治安悪化・医者不足問題によるパニック
  • カキンのお宝を旅団が奪う
  • ヒソカvs旅団
  • クラピア,ツェリードニヒから緋の目を取り返す
  • クラピカ,王位継承戦回避に動く
  • クラピカと旅団の接触

船内で王子の殺し合いが行われると思っていたのですが,新大陸(仮)で行われるようですね.

クラピカも動きますし,航海が順調に行く様子がないので,ベンジャミンが言う通りの新大陸(仮)で王子の殺し合いは,あまり起きなさそうな気がします.

創作物で,船という密室空間といえば,パニックモノが浮かんできます. 治安悪化・医者不足なんて,そのフラグ臭がプンプンしますね. 今後の展開的に,さすがに沈没まではしないと思いますが・・・.

クラピカとレオリオが,民衆の命を救うために奔走するんでしょうか?

今後展開の短期予想

34巻枠は,あと2話です. 35巻は,出向で始まると言う展開が最有力でしょうか.

そうなると,あと2話で王子から死人が出る可能性は高いですね.

死者は,第1王子ベンジャミン,第4王子ツェリードニヒ.第9王子ハルケンブルグ,クラピカ達が護衛についた6,7,10,12,13,14以外が有力.

女たらしの第9王子サレサレなんかが最有力でしょうか.